欠かすことができない「飲食のれん」|オリジナルのれんの用途と特徴

のれんは古くから日本で親しまれている物で、特に飲食店の軒先に
吊るしてあるのを良く見掛けます。

飲食店の軒先に吊るしてあると営業中であるアピールになりますし、
店名や提供している食べ物が描かれているとどういった
サービスをしてくれる店舗か分かりやすくて集客につながります。

集客だけでなく、飲食のれんは用途が多いので
鎌倉時代から使われています。

その用途とは、ホコリや風が入ってくるのを防ぐ、
直射日光を防ぐ、店内が丸見えになるのを防ぐなど様々です。

のれんを掲げている飲食店は和食に関係するイメージがありますが、
最近では洋食関係のお店も多く使っています。

インテリアに

海外でも人気があり、お店だけでなくお部屋のインテリアとしても
使われています。

オリジナルの飲食のれんを作る際に決めておかなければ
いけないことがあります。

それは、長さ、仕立て部分の形、生地です。
特に生地選びは重要です。

現在では綿や麻だけでなく化繊も主流になっています。
化繊を使うメリットは色鮮やかに発色することです。

そして麻のような軽やかな風合いがあるので人気がある生地です。

のれんは屋外で使うものから室内で使うものまで沢山の種類が
ありますが、飲食のれんはお店の顔ですのでオリジナルで制作
することが重要です。

インパクトのあるオリジナルのれんは人の目を引き、
お店に興味を持ってもらえるからです。

オリジナルでも依頼すれば短期間で制作してもらうことができ、
大きさにもよりますが費用もお手頃です。

お手ごろ

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)