豊富にあるオリジナルのれんの用途と特徴

個人の飲食店のほとんどで使われているのれんですが、
一般的には、お店を営業しているか、休んでいるかの目印ともなります。

お店の入り口にぶら下がっている場合は、営業していますの合図になり、
お店の中にある場合は、現在営業をしていません、という合図になるのです。

用途としては、店の外に出すか、出さないかですが、お客からしてみたら、
店に入る時に、潜って入る事で、飲食をする前から、お店の楽しみを
味わう事が出来るのです。

オリジナルで作る

こののれんは、既製品の物もたくさんありますが、どこのお店でも、
自分の店だけのオリジナルを製作してもらい使っています。

食べられる物の名前を入れてもらったり、お店の名前を入れてもらったりと、
製作してもらう文字は、自由に決められるのです。
日よけ暖簾と思えばよく分かられると思います。

文字を入れずに、絵柄だけにしている所もあり、居酒屋や食堂、
ラーメン店など、食べられる物と店名をイメージして作り上げて行くのです。

目立てば目立つほど、お客に覚えてもらえるので、売り上げにも
関わってくる大事な物となります。

お店のイメージに合わせる
製作をする時には、専門の業者に依頼をしますが、全体の大きさの他に
文字の大きさや、字体など、事細かく注文をする事により、世界に
たった一つののれんが作れるのです。

素材は、もともとから耐久性の強い物を使用していますが、何十年も
使用していく為により強い素材を選ぶ事が良いとされています。

木綿や麻などがあり、自由に選ぶ事も出来ます。
お店のイメージに合わせて色も決めて、お店の良い雰囲気を伝えるように
するのが良いのです。