防災性能のある物品使用が必要なシーンとは?

宿泊施設や商業施設・病院・展示会場などといった
多くの人が集まる場所においては、消防法の規制によって
防災性能のある物品を使用することが義務付けられています。

和風テイストの宿泊施設や和食を提供する厨房などであれば、
玄関などに使用するのれんも防炎のれんを用意する必要があるのです。

防炎のれんは、直接火災を消火することができるわけでは
ありませんが、設置しておくことで万が一火災が発生した時にも
火の勢いを抑制することができます。

防炎の機能

また、延焼による被害の拡大を食い止める効果があります。

また、のれんは力をかけることなく軽く手で押したり、
あるいは手で押さずとも直進するだけで通ることができるため、
万が一の火災の際にも避難の妨げにもなりません。

常に火を使用する厨房やボイラー室などの場所や、万が一火災が発生したときに
立ち往生しやすい場所、窓がない通路などに防炎加工のれんが設置されて
いることで、火災による被害を軽減することにもつながるでしょう。

また、防炎のれんを設置することで避難に必要な時間を、
より長く確保することにもつながります。

このように、防炎加工の施されたのれんは、非常に重要な役割を持っています。

防炎のれんは京都のれん株式会社がおすすめ!

もしも防炎加工が施されたのれんを探しているのだとしても、
一体どこで手に入れたら良いのかわからない場合もあるかもしれません。

そのような場合には、京都のれん株式会社で取り扱っているのれんを
チェックしてみるのもおすすめです。

京都のれん株式会社では、さまざまな防炎加工のれんを取り扱っています。

京都のれんの防炎のれん

急いで防炎性能のある商品を手に入れなければいけないような場合であれば、
既存デザインの商品を通販で購入することも可能です。

その場合には色も黒色・クリーム色・白色と、いろいろな環境に
合わせられる色合いなので、いろいろなシチュエーションで
取り入れることができるでしょう。

また、サイズも縦150cm・横90cmと、さまざまな場所で使いやすいサイズです。

さらに、オーダーメイドでのれん製作も行っているため、
オリジナリティ溢れるのれんを手に入れたい場合にもおすすめです。

オーダーメイドであれば、色合いやサイズ・デザインなども
希望通りのものを製作することができます。

防炎加工を施したのれんも、もちろんオーダーメイドで製作可能です。

生地もさまざまな生地から選ぶことができるので、
店舗や施設のイメージに合わせやすいでしょう。